ノニっていつからどこにある?

こんにちは!

マクポンです

ノニについてはまだまだ知らない人がいますね

かくゆう私も「ニノ」だと思ってました(笑)

ノニは南太平洋の熱帯地域で生えており、

それぞれの地域で病気や怪我の治療のため

長い間伝統的に使われてききました。

日本でいう「うめぼし」や「どくだみ」みたいですね♪

ノニは南太平洋の国々や島々で自生していますが、

タヒチのノニが一番大きくて栄養価も高いと言われています。

(伝えてくれた方談)

インドの伝統的な学問である、

アーユルヴェーダ」の中にもノニが出てきます。

歴史があるんですね~ 🙂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする