発酵と腐敗

こんにちは

マクポンです

発酵と聞くと体によさそうですが、

腐敗と聞くとなんとなく「毒」のイメージがありますね。

実は発酵と腐敗はシステム的には同じなんです。

じゃぁなにが違う?

発酵と腐敗の違いは微生物の働きの内、

人の生活に有益な場合を発酵と呼び、

有害な場合を腐敗と呼んでいるのです。

発酵食品については、昔から世界中の至る所で

食されてきた歴史があります。

「納豆」「くさや」等いろいろあります。

発酵しているノニ製品も多くのメーカーから

販売されていますね。

(私が飲んでるのもその1つです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする